Webライター

未経験からWebライターを始めるには?具体的な5つの始め方を解説

未経験 Webライター

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 未経験からでもWebライターになれるの?
  • 未経験からWebライターを始めるには何をすれば良いの?

このような疑問をお持ちではありませんか?

未経験からWebライターを始めたいけど、そもそも未経験からWebライターになれるのと疑問をお持ちの方も多いと思います。

また未経験からWebライターを始めたいけど、「どうやって始めればよいのか全く分からない」といった質問をよく受けます。

そこで本記事では以下の流れで、未経験からWebライターを始める方法やWebライターを始めるためにやっておくべきことなどについて詳しく解説します。

本記事の流れ

  • 未経験でもWebライターになれるの?
  • 未経験からWebライターを始める方法
  • 未経験からWebライターを始めた僕の体験談
  • 未経験からWebライターを始めるなら最低でも身に付けておきたいスキル
  • 未経験からWebライターを始めるためにやっておくべきこと
  • 未経験からWebライターを始めるための心構え

Hiro
ゴールドコースト在住のHiroです。SEOコンサルやWebライターとして活動しています。Webライターで稼ぎたい方は、以下の記事もおすすめです。

未経験でもWebライターになれるの?

結論から言うと、未経験でもWebライターになることは可能です。

Webライターの仕事は、その名の通り「文章を書くこと」なので、日本語を日常的に使っている人なら、誰でも始めることができます。

そもそも、どんな優秀な人材でもスタートしたときは未経験です。

実際にWebライターがどんな仕事をしているのか、内容を確認しておきましょう。

Webライターの仕事内容

Webライターの基本的な仕事は「文章を書くこと」ですが、その内容は多岐にわたります。

Webライターの主な仕事内容

  • ブログ記事
  • ECサイトの商品紹介ページ
  • 書籍の代理執筆
  • イベントレポート
  • アフィリエイト記事
  • オウンドメディア記事
  • ニュース・コラム
  • インタビュー記事

上記のように、インターネット上に公開されている、さまざまな文章を執筆します。

また、特殊ではありますが「書籍の代理執筆」など、インターネット上以外の文章を依頼されることもあるでしょう。

基本的にクライアントは、狙ったキーワードの検索結果で、上位表示されるために依頼しています。

そのため、WebライターにおいてSEOの知識は必須と言えるでしょう。

未経験からWebライターを始める方法

それでは次に、未経験からWebライターを始める方法について紹介していきます。

未経験からWebライターを始める方法は、主に以下の5つです。

未経験からWebライターを始める方法

  • ブログから始める場合
  • フリーランスとして始める場合
  • 正社員として働く場合
  • 大学生や主婦などの場合
  • サロンや講座を受講して始める場合

ブログから始める場合

リスクを抑えて気軽にWebライターを始めたい人には、ブログがおすすめです。

自分で個人ブログを開設して、記事を投稿していれば、自然と文章力が身に付きますし、何よりWebライターとしての「実績」になります。

依頼されて執筆した記事よりも、個人ブログを評価している企業やクライアントは多く、案件獲得のときにも大きく貢献してくれるでしょう。

最近では無料でブログを開設できるサービスも増えてきていますが、やはり「WordPress」がおすすめです。

インターネット常に公開されている記事の約4割が、WordPressで構築されています。

WebライターにとってWordPressの使用経験は大きなアドバンテージになるため、本格的に始めるならWordPress一択でしょう。

またWordPressでブログを始める際は、まずサーバーを作成する必要があります。

サーバーには様々な種類がありますが、初心者の方は「エックスサーバー」がおすすめです。

参考記事:Webライターこそブログがおすすめ!始め方や具体的な作り方を解説

まずはお試し!10日間無料!

今すぐエックスサーバーに申し込む

フリーランスとして始める場合

誰にでもおすすめできる方法ではありませんが、フリーランスとして始める方法もあります。

しかし、いきなり独立してフリーランスWebライターを始めるのは、かなりリスクの高い方法です。

独立するのであれば、副業や空いた時間にスキルを磨いてからでも遅くはありません。

スキルや経験がない状態でフリーランスになると、生活費を稼ぐために文字単価1円以下の記事を大量に執筆することになります。

大量の案件を抱えている状態では学習効率も落ちてしまうため、Webライターとしても成長できる環境ではありません。

まずは個人ブログやクラウドソーシングサイトを利用して、文章を書くことに慣れることから始めましょう。

またフリーランスとして始めるのであれば、「クラウドワークス」には必ず登録しておきましょう。

資格・スキル・学歴不要!

今すぐクラウドワークスに登録する

※わずか30秒で登録完了!

正社員として働く場合

実践的な文章力を身に付けるためには、正社員として働くのが1番効率的です。

Webライターのスクールや書籍など、勉強する方法はたくさんありますが、やはり実践しなければ文章力は向上しません。

ライティング業務を潤沢に抱えている企業に入社できれば、上司や先輩から現場レベルのフィードバックがもらえます。

フリーランスや副業にはないメリットなので、安定した給与をもらいながらスキルアップしたいならWebライティングの求人に応募してみましょう。

しかし、採用後に希望している部署に配属されるとは限りません。

まったくライティング業務がない部署に配属される可能性もあるので、注意しておきましょう。

大学生や主婦などの場合

大学生であれば、アルバイトとしてWebライターを始める方法もおすすめです。

Webライターの仕事を探す代表的なサービスはクラウドソーシングサイトですが、普通の求人サイトでもWebライターの求人が掲載されています。

アルバイトでWebライターを経験して、その実績を活用してライティング業務をおこなっている企業にインターンする方法もあるでしょう。

アルバイトの経験はポートフォリオにも掲載できるため、主婦から正社員を目指している人にもおすすめです。

将来的に正社員としてWebライターの仕事をしたいなら、アルバイトの経験は強みになるでしょう。

しかし、副業や空いた時間でWebライターの仕事をするなら、案件数の多いクラウドソーシングサイトがおすすめです。

サロンや講座を受講して始める場合

完全未経験で独学から始めると、身に付くスキルには限界があります。

また、まわりに同じ境遇の人がいないと、しっかり稼げるようになる前に挫折してしまう可能性も高いでしょう。

効率よく文章力を向上させたい人は、サロンや講座を受講してから始める方法がおすすめです。

もちろんお金はかかってしまいますが、学習時間の短縮やメンターのサポートを考えれば損ではないでしょう。

最近ではWebライター向けの学習サービスも、充実してきています。

Webライターの仲間を作りたいなら「サロン」、期間を決めて集中して学習したいなら「講座」が向いているでしょう。

未経験からWebライターを始めた僕の体験談

未経験からWebライターを始めるなら最低でも身に付けておきたいスキル

先ほども紹介しましたが、Webライターの仕事は「文章を書くこと」のみです。

非常にシンプルですが、求められるスキルは少なくありません。

特に、以下の5つは最低でも身に付けておきたいスキルです。

未経験からWebライターを始めるなら最低でも身に付けておきたいスキル

  • コミュニケーション能力
  • 相手の立場にたった行動
  • 分からないことは自分で調べる能力
  • PREP法で文章を執筆できるようにする
  • SEOの基本的な知識

コミュニケーション能力

どんな業界にも共通していますが、1人で仕事をすることはできません。

チームやクライアントなど、仕事には必ずコミュニケーションが求められます。

Webライターは対面での仕事ではなく、連絡ツール上だけ仕事を進めることも珍しくありません。

そのため、Webライターにはコミュニケーション能力が求められない、と思っている人も少なくありません。

しかし、実際には記事の内容確認や進捗確認などで、こまめな連絡は必要ですし、コミュニケーションコストのかかる人はクライアントから敬遠されてしまいます。

相手の立場にたった行動

Webライターに「自由」なイメージを持っている人も多いですが、あくまでも社会人です。

一般的な社会人としてのマナーやルールを持ち合わせていなければ、案件を獲得することは難しいでしょう。

社会人であれば「相手の立場にたった行動」が常に求められます。

Webライターにおける「相手」とは、「記事を読んでくれた人」と「執筆した文章を提出する人」を指します。

特に、読者がどんな気持ちになっているかを考えれない人は、いつまでも半人前のままです。

「この言い回しで伝わるのか」「読みづらい文章になっていないか」など、常に読書の気持ちを考えながら執筆するスキルは多くのクライアントから重宝されるでしょう。

また、執筆した文章を提出する人への配慮も忘れてはいけません。

個人ブログ以外で執筆する場合は、必ず「依頼してくれた人」が存在します。

単純に文章を書くだけでなく、執筆した文章を提出する人の気持ちを考えることが、質の高いWebライターへの第一歩です。

分からないことは自分で調べる能力

分からないことを自分で調べる能力は、Webライターにとって基本中の基本です。

ほとんどのWebライターは、幅広いジャンルの文章を執筆しています。

特定のジャンルに特化しているWebライターもいますが、かなり特殊な経歴やスキルが必要です。

そのため、自分が知識のないジャンルの記事を依頼されることも珍しくありません。

「分からないから書けない」では、Webライターとしては致命的です。

分からないことを徹底的にリサーチして文章にまとめる能力は、Webライターとして成長するための重要な素養です。

PREP法で文章を執筆できるようにする

「PREP法」とは、論理的な文章を書くための型のことです。

「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(具体例)」「Point(結論)」この順番で文章を組み立てることで、情報の伝わりやすさが飛躍的に上昇します。

また、文章を書く順番が決まっているため、執筆スピードが早くなるメリットもあります。

意識せずにPREP法を使った執筆ができる人は、かなり上級者のWebライターでしょう。

そのため、Webライターの経験が浅い人に、完ぺきなPREP法が求めれることは稀です。

しかし、意識しながら執筆していれば、誰にでも獲得できるスキルなので、少しずつ練習していきましょう。

SEOの基本的な知識

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略語で、日本語だと「検索エンジン最適化」と言います。

Webライターに興味を持っている人であれば、聞いたことはあるのではないでしょうか?

SEOを簡単に説明すると、検索エンジンで上位表示されやすくなるための対策のことです。

また、狙ったキーワードで上位表示を狙った記事のことを「SEO記事」とも言います。

クラウドソーシングサイトや、求人サイトで掲載されているWebライターの案件は、ほとんどがSEO記事です。

検索エンジンで上位表示されるための基準は、明確に公開されているわけではありません。

そのため、曖昧な部分も多く、人によって意見が大きく異なる場合もあります。

タイトル・見出しの付け方や内部リンクの設定など、基本的な知識は勉強しておきましょう。

WebライターにSEOが必要な理由!SEO対策ライティングの書き方を解説

未経験からWebライターを始めるためにやっておくべきこと

クラウドソーシングサイトや求人サイトから、いきなりWebライターの案件に応募するのは勇気がいりますよね。

自分の文章力に自信のない人は、個人ブログを開設してみましょう。

個人ブログでれば誰にも迷惑をかけませんし、ポートフォリオの代わりにもなります。

SEOの勉強にもなるため、WordPressでの開設が理想ですが、初期費用を抑えたい人は「note」や「はてなブログ」など、無料のブログサービスでもいいでしょう。

「ブログ」はWebライターにとって名刺のような存在で、自分の能力を偽りなく証明できます。

また、文章力の向上だけでなく、ブログを運営していた経験は、案件を獲得するときの大きな武器になるでしょう。

未経験からWebライターを始めるための心構え

それでは最後に、未経験からWebライターを始めるための心構えを紹介していきます。

これからWebライターを始めようとしている人は、以下の3つは肝に銘じておいてください。

未経験からWebライターを始めるための心構え

  • 初めはきつい
  • 初めから稼げると思わない
  • 継続することが何より大切

初めはきつい

Webライターは日本語を使っていれば、誰でも始めることができます。

それは事実ですが、簡単に稼げるわけではありません。

文章を書くことに慣れていない人は、まったく執筆が進まずストレスを感じてしまう人も少なくないでしょう。

また、自分が執筆した文章に対して、心ない批判をされることもあります。

時間の確保や報酬の低さなど、初めは「きつい…」と感じてしまう場面も多いため、覚悟しておきましょう。

初めから稼げると思わない

残念ながらWebライターは、初めから大きく稼げる仕事ではありません。

特に、クラウドソーシングサイトはでは、文字単価0.1〜0.3程度の相場を明らかに下回る案件もあります。

そのため、2時間執筆して300円しか稼げなかった、なんてことも珍しくありません。

しかし、文章を書くことに慣れてきて実績を積んでいけば、報酬は少しずつ上がっていきます。

ほぼすべてのWebライターが通る道なので、険しいですが避けては通れないでしょう。

継続することが何より大切

Webライターも他の仕事と同じように、稼げるようになるためには、それ相応の努力や覚悟が必要です。

また、Webライターは簡単なイメージを持たれやすいため、すぐに心が折れてしまう人も少なくありません。

しかし、やめてしまう人が多いWebライターだからこそ、継続しているだけでクライアントからは信頼されるようになります。

目標を達成するためには、とにかく継続することが何より大切です。

まとめ:未経験からWebライターを始めるならまずはやってみることが大切

今回は、未経験からWebライターを始める方法や身に付けておくべきスキル、やっておくべきことについてお伝えしました。

どんなに優秀なWebライターでも「未経験」から始めています。

初めて間もない頃は報酬も低く、苦労することも多いでしょうが、とにかく「やってみる」ことが大切です。

自分にWebライターの才能があるのか、向いている仕事なのかは、実際に始めてみなければ分かりません。

しかし、いきなりクライアントワークに応募するのは、抵抗を感じる人も多いでしょう。

そんな人には、個人ブログがおすすめです。

最近は無料のブログサービスもあるので、パソコンやスマホを持っていれば、初期投資も必要ありません。

Webライターが気になっている人は「まずは1記事」実際に執筆してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiro|ひろ

フリーランスとしてSEOコンサルタントやWebライターの活動を行っているHiroです。Webライターを始めたころは1文字1円未満で消耗していました。その経験を活かし、1人でも多くの初心者Webライターさんの力になれればをモットーに情報発信をしております。お仕事のご依頼は、こちらからお願い致します。⇒https://hiro-blog.biz/inquiry

-Webライター