Webライター

Webライターとは?始め方や仕事内容、必要スキル、収入などを解説

Webライターを未経験から始める方法!仕事内容や必要スキルを解説

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 「Webライターってどんな仕事?」
  • 「Web ライターはどうやってなるの?」

副業としてWebライターを始めたいけど、どうやって始めたらよいか分からないといった方はたくさんいます。

特に「必要なスキル」や「どのくらい稼げるのか?」といった質問をよく受けます。

そこで本記事では、以下の流れでWebライターの仕事内容や始め方などについて詳しく解説します。

本記事の流れ

  • Webライターの仕事内容
  • 必要スキル
  • 未経験からWebライターになる方法
  • Webライターの収入事情
  • Webライターとして将来稼いでいく方法
Hiro

ゴールドコースト在住のHiroです。SEOコンサルやWebライターとして活動している僕が、詳しく解説します。

Webライターとは?

Webライターとはコーポレートサイトやオウンドメディアなど、Web上の記事を執筆する仕事です。始めるのに特別なスキルや年齢制限などはなく、未経験の方でも始めやすい仕事と言えます。

またインターネットサービスが多く普及している現在では、仕事の求人も多い傾向にあります。一般的にリモートワークや在宅勤務が多いため、「自由な働き方がしたい」「満員電車に乗りたくない」などの悩みを解消しやすい仕事と言えます。

Webライターの仕事内容

Webサイトでは、様々な種類の記事が存在します。例えば集客を目的とした「SEOコンテンツ」、自分の意見や経験を語る「コラム記事」などです。その他にも実際の現場へ取材しに行き、記事を書くといった仕事内容もあります。

執筆するWebサイトによって仕事内容は変わるため一概には言えませんが、主な仕事内容は以下の通りです。

Webライターの主な仕事内容

  • 記事の公開作業
  • ディレクターとの打ち合わせ
  • 記事の構成を作成して執筆する
  • 執筆するKWやジャンルなどを選ぶ
  • イラストを選んだり作成したりする
  • アンケートをとったり取材をしたりする

Webライターと言えば1人で黙々と作業をするイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし実際にはディレクターとの打ち合わせも発生するため、コミュニケーション能力や相手の気持ちをくみ取る能力も必要です。

Webライターになるための必要スキル

Webライターになるためには資格や特別なスキルは必要ないと前述しました。だからと言って適当に取り組めばよいわけではありません。ここではWebライターとして仕事を受注するために、最低限必要なスキルについて解説します。

Webライターになるための必要スキル

  • 最低限の文章力
  • コミュニケーション能力
  • パソコンやソフトが使える
  • 分からない知識は自分で調べる能力

最低限の文章力

Webライターは文章を書く仕事のため、最低限の文章力は必要です。だからと言ってそこまで不安になることはありません。

文章には読まれやすい「型」があるため、その型を意識するだけで大幅に文章力がアップします。読まれやすい文章の型とは、PREP法です。PREP法は、結論→理由→例→結論といった流れで作成します。

PREP法を抑えるだけでも文章力は上がるので、ぜひ覚えておください。また執筆するWebサイトによって変わりますが、「ですます調」や「である調」などもあります。

どの語尾で書くかは、クライアント側と相談する必要があります。しかしPREP法は自分で勉強することができるので、最低でも覚えておきましょう。

コミュニケーション能力

Webライターと言えば、黙々と作業するイメージをお持ちの方も多いと思います。案件にもよりますが、Webサイトの運営にはSEOの担当者やディレクターなど多くの人が関わります。

特にディレクターの人は全体の進行を進める人のため、Webライターの方は多く関わりやすいと言えるでしょう。人と人とがやり取りをするため、当然コミュニケーションは発生します。

レスポンスが遅かったり言葉遣いが不適切であれば、ディレクターの方も仕事がしづらいと思ってしまいます。コミュニケーション不足で信頼性が築けないと、仕事を受注することは難しいでしょう。

ディレクターと信頼を築いて長期的な仕事を受注するためにも、レスポンスの速さや言葉遣いには気をつけましょう。

パソコンやソフトが使える

Webライターは、パソコンを使い仕事をします。執筆する際はパソコンのアプリである、ワード(Word)やグーグルドキュメントなどを使います。

そもそもパソコンの使い方が分からなければ、執筆をすることができません。最低限パソコンのスキルは身に着けておきましょう。

分からない知識は自分で調べる能力

Webライターはの仕事は、案件によって様々なジャンルが存在します。例えば金融系や医療系、ガジェット系などがあります。未経験の分野だと、当然分からない知識もたくさんあるでしょう。

分からないことを聞くのは大切ですが、調べればわかることを聞くのはあまり良くないです。なぜならば他の人も仕事で忙しいので、いちいち聞いていると迷惑をかけてしまいます。

業務的に分からないことは質問すればよいですが、調べればわかることは自分で調査するようにしましょう。

Webライターを副業・未経験・初心者から始める方法

Webライターを始めるのに資格や特別なスキルは必要ありません。パソコンとインターネット環境があれば、誰でも始めることが可能です。ここではWebライターを未経験から始める方法について詳しく解説します。

Webライターを未経験から始める方法

  • 副業ならクラウドソーシングに登録する
  • 企業に就職する
  • ブログを書く

副業ならクラウドソーシングに登録する

Webライターを最も始めやすい方法は、「クラウドワークス」といったクラウドソーシングに登録することです。

クラウドソーシングとは、インターネット上で様々な企業が不特定多数の人に仕事を依頼するサービスです。会社員なら勤務先以外から仕事を受注できるため、副業として始めやすいと言えます。

またクラウドソーシングで出会ったクライアントとうまく信頼関係を築ければ、仕事の幅も増え独立することも可能です。

会社によって副業できるかは限られますが、Webライターを始めるなら最もリスクが少ない方法と言えます。

参考記事:副業Webライターで月10万円稼ぐ方法!会社にバレない対策も解説

企業に就職する

Webライターとしていきなり独立するのは厳しい方は、思い切ってSEO関連の企業に就職する方法もあります。

企業に就職しスキルを高めれば、クラウドソーシングでも稼ぎやすい環境を作れます。本業の収入+クラウドソーシングの収入を作れるので、独立資金を最速で作ることも可能です。

また事前にブログを作成して面接の時に見せることで、採用率もグっと高めれらます。

Webライターを始めるのに不安な方は、思い切って企業に就職するといった選択も検討してみましょう。

ブログを書く

Webライターを始めるために、自分でブログを作成する方法もあります。ブログを作成することで、クラウドソーシングでの応募や企業での面接などで採用率を高めることが可能です。ブログを始める方法としては、ザっと以下の通りです。

ブログを始める方法

  • サーバーの契約
  • ドメインを決める
  • 記事作成

まずブログデータを保管するサーバーを選びます。サーバーの種類は様々ですが、初心者の方は「エックスサーバー」がおすすめです。エックスサーバーがおすすめの理由は、以下の通りです。

エックスサーバーがおすすめの理由

  • 国内シェア№1の大手会社
  • 利用者が多いため情報が取得しやすい
  • ドメインも一緒に取得できるため初心者でもすぐに始められる

特に「ドメインも一緒に取得できるため初心者でもすぐに始められる」といった点が、一番のメリットと言えます。

例えば初心者によくありがちな失敗として、ドメインをサーバーに移管する方法が分からないといった問題があります。しかしエックスサーバーなら、クイックスタートがあるため初心者の方でもスムーズに始めることが可能です。

以上が、主なWebライターの始め方でした。人によってはいきなり挑戦する人もいれば、なかなか挑戦できない人もいます。挑戦できる人は、すぐにクラウドソーシングに登録して応募してみましょう。

逆になかなか挑戦できない人は、就職をしてリスクを抑えながら挑戦するのもありです。自分に合った始め方で、Webライターに挑戦してください。

参考記事:Webライターこそブログがおすすめ!始め方や具体的な作り方を解説

まずはお試し!10日間無料!

今すぐエックスサーバーに申し込む

Webライターの収入は?

Webライターは、正社員かフリーランスかで収入が変わります。正社員の場合どこの企業もそれほど変わりませんが、フリーランスの場合は大きな格差があります。

年収 割合
200万未満 32.0%
200~400万未満 21.5%
400~600万未満 32.0%
600~800万未満 8.2%
800~1,000万未満 5.5%
1,000~1,200万未満 2.3%
その他 3.6%

出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書 2019

上記のデータを見ると、3人に1人が年収200万円未満と分かります。ただし時短ワーカー(140時間未満)の方が半数以上のため、そこまで低い数字とは言えません。

ただし稼げている人と稼げていない人の格差は大きいと言えます。

Webライターの収入は?稼げる人と稼げない人の違いを徹底解説

Webライターとして将来的に稼いでいくためには?

Webライターとして将来的に稼いでいくためには、ライティングスキル+別のスキルを身に付けることです。例えば、以下のスキルはぜひ身に着けておきましょう。

Webライターとして将来的に稼いでいくためのプラスα

  • 得意分野を持つ
  • SEO対策ができる
  • 相手を不快にさせないコミュニケーション能力

特にSEO対策は重要視される傾向にあるため、勉強をして身に付けることをおすすめします。

またライターとしてのスキルが高くても、コミュニケーション能力が低ければ継続して仕事を受注することが難しいです。

Webライターとして長期的に稼ぐためには、ライティングスキルだけではなくコミュニケーション能力も必要です。

参考記事:WebライターにSEOが必要な理由!SEO対策ライティングの書き方を解説

Webライターに関するよくある質問

Webライターに関する質問を良く受けるので、ここで回答させていただきます。

Webライターはきついですか?

始めたばかりは文字単価が低く消耗します。しかし文字単価が1円以上の案件を受注できるようになれば、自由な働き方も可能です。

参考記事:Webライターがきついと言われる原因7つ!乗り越える方法も紹介

Webライターは大学生でもなれますか?

大学生でもWebライターを始められます。資格や特別なスキルは必要ないので、フリーターや主婦でも気軽に始めることが可能です。

Webライターはやめたほうが良いですか?

自由な働き方をしたいのであれば、Webライターをおすすめします。ただし1人での作業が苦手な人は、Webライターに不向きと言えます。

Webライターを始めるメリットは?

Webライターを始めるメリットは、以下の通りです。

Webライターを始めるメリット

  • 誰でも始められる
  • 自由な働き方ができる
  • 月収7桁も夢ではない
  • 起業するのにリスクが少ない

1番のメリットは、自由に働ける点です。満員電車や都会の喧騒から解放されて、好きな場所で自由に働けます。

Webライターを始めるデメリットは?

Webライターを始めるデメリットは、以下の通りです。

Webライターを始めるデメリット

  • 競合が多い
  • 初めは文字単価が低いため消耗しやすい

何事も初めからうまくはいきませんが、Webライターも同様です。初めは文字単価が低いため消耗しやすいです。しかし前述したように文字単価が1円以上の案件を受注できるようになれば、自由な働き方もできます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiro|ひろ

フリーランスとしてSEOコンサルタントやWebライターの活動を行っているHiroです。Webライターを始めたころは1文字1円未満で消耗していました。その経験を活かし、1人でも多くの初心者Webライターさんの力になれればをモットーに情報発信をしております。お仕事のご依頼は、こちらからお願い致します。⇒https://hiro-blog.biz/inquiry

-Webライター