Webライター

Webライターで稼げない原因とは?稼ぐためにやるべき5つのことを解説

Webライター 稼げない

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • Webライターは本当に稼げないの?
  • Webライターが稼げないといわれる原因は?
  • Webライターで稼げるようになるには?

このような疑問をお持ちではありませんか?

Webライターを始めてみたいけど、稼げないという情報を耳にしなかなか取り組めない方も多いと思います。

また「Webライターで稼ぐための具体的な施策が知りたい」という質問をよく受けます。

そこで本記事では以下の流れで、Webライターで稼げない原因や稼ぐためにやるべきことなどについて詳しく解説します。

本記事の流れ

  • Webライターは稼げない?
  • Webライターで稼げない原因
  • Webライターで稼げるようになるには?

Hiro
ゴールドコースト在住のHiroです。SEOコンサルやWebライターとして活動しています。Webライターで稼ぎたい方は、以下の記事もおすすめです。

Webライターは稼げない?

クラウドソーシングサイトの案件を見てみると、文字単価0.2〜0.5円で募集していることも多く「Webライター=稼げない」こんなイメージを持っている人もいるかもしれません。

また、Webライターは誰でもはじめることができるため、挫折してしまう人が非常に多いことも事実です。

しかし、結論から言うと、Webライターは「確実に稼げる仕事」です。

確かにはじめて間もない頃は報酬も低く、作業内容も意外と多いため、想像していたよりもキツく感じる人がほとんどでしょう。

この初期段階でほとんどの人が、Webライターとして稼ぐことを諦めてしまっています。

そのため、多くの案件をこなしていなくても続けているだけで、他のWebライターとの差別化につながります。

もちろん、ただただ漠然と続けているだけで、大きく稼げるようになるわけではありません。

Webライターとして稼げるようになるためのポイントは、記事の後半で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターの平均収入

それでは次に、Webライターの平均年収を見てみましょう。

年収 割合
200万未満 32.0%
200~400万未満 21.5%
400~600万未満 32.0%
600~800万未満 8.2%
800~1,000万未満 5.5%
1,000~1,200万未満 2.3%
その他 3.6%

出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書 2019

上記のデータだけを見ると、Webライターの3割以上の人が200万未満です。

600万以上の人は全体の19.6%しかおらず、この表だけ見ると「やっぱりWebライターは稼げない!」と感じてしまう人も多いでしょう。

しかし、この調査に回答している人の半数以上が、月の労働時間が140時間未満の時短ワーカーです。

Webライターとしての働き方は非常に幅広く、一概に「平均収入は◯円!」と言うことができません。

そのため、Webライター全体の平均収入は、かなりバラつきがあります。

自分がいくら稼げるようになるのか知りたい人は、平均収入ではなく平均報酬を知っておきましょう。

あくまでも目安ですが、一般的なコラム記事の報酬は文字単価1〜2円で、専門的な内容の場合は3〜5円程度まで上がります。

文字単価1円以下の案件も少なくありませんが、内容は非常に簡単でWebライターとしてのスキルが身に付くこともないため、あまりおすすめできません。

Webライターとして「文字を書くこと」に慣れてくると、1時間で1,000文字程度は誰でも執筆できるようになります。

単純計算ではありますが、文字単価1円の仕事は時給1,000円で、文字単価が3円になれば時給は3,000円です。

Webライターの報酬の算出方法は非常にシンプルで、

「文字単価」×「文字数」=報酬金額

上記の通りです。

自分が執筆した量に応じて報酬も増えていくため、確実に稼ぎたい人にはぴったりの仕事でしょう。

自分が1ヶ月でどのくらい稼げるか気になる人は、

「1ヶ月で執筆できる文字数」×「平均文字単価」

上記を計算してみてください。

Webライターの収入は?稼げる人と稼げない人の違いを徹底解説

Webライターで稼げない原因9つ

「想像していたより稼げない」「もっと稼げるようになりたい」こんなふうに考えている人も少なくないでしょう。

Webライターとして稼げていない人は、以下9つの原因が当てはまっているかもしれません。

Webライターで稼げない原因9つ

  • 積極的に行動していない
  • 単純に作業量が足りない
  • 稼げないとすぐに辞めてしまう
  • レスポンスが遅い
  • レギュレーションを読まない
  • ライティングスキルが足りない
  • 低単価の案件ばかりを受注している
  • SEOのスキルが足りない
  • 専門性がなく何でも執筆します状態になっている

積極的に行動していない

Webライターに限った話ではありませんが、フリーランスや副業で稼げるようになるためには、とにかく積極的な行動が求められます。

正社員のように待っていれば仕事を任せてもらえるわけではないため、自分で仕事を獲得しにいく姿勢がなければ稼ぐことはできません。

依頼された内容だけでなく「◯◯してみてはどうでしょうか?」「執筆だけなく、画像選定もお任せしていただけないでしょか?」など、自分で仕事を作ることも重要です。

単純に作業量が足りない

Webライターの収入は「執筆した文字数」によって決まります。

そのため、単純に作業量が多ければ多いほど、収入は増えていきます。

Webライターの収入の計算方法は、先ほど紹介したように非常にシンプルです。

また、安定した作業量を確保できるライターはクライアントからの信用も得やすく、長期的な案件の確保にもつながります。

文字単価1円の人であれば10万円稼ぐために、10万字の執筆が必要です。

目標にしている金額に対して、妥当な作業量を確保できているのか見直してみましょう。

稼げないとすぐに辞めてしまう

Webライターは即金性が非常に高く、今すぐにお金を必要としている人が副業としてはじめるケースも珍しくありません。

確かに、文字単価1円以下の案件であれば、最低限のマナーと日常生活レベルの日本語が使えるなら誰でも獲得できるでしょう。

やる気のある人であれば、はじめた日からWebライターとしてお金を稼ぐことも不可能ではありません。

しかし、よほど特殊な経歴や資格を持っている人でなければ、いきなり文字単価1円以上の案件を獲得するのは厳しいのが現実です。

そのため、初心者であれば1日中Webライターの仕事をしたとしても、稼げる金額は1,000円〜3,000円程度でしょう。

「Webライターは稼げない」と勘違いしている人が多いのは、はじめてすぐに辞めてしまう人が多いからです。

辞めてしまう人が多いからこそ、続けていれば確実に報酬は上がっていきます。

レスポンスが遅い

Webライターとして安定して稼ぐためには、長期的に依頼してくれるクライアントの存在が必須です。

フリーランスや副業で稼ぐためには、案件を確保する時間も必要になります。

しかし、長期的に依頼してくれるクライアントを複数確保することができれば、案件を探す時間を作業する時間に費やせます。

レスポンスのスピードを重視しているクライアントは非常に多く、どんなに遅くとも日中であれば2時間以内に返信するようにしましょう。

「メール来てたけど後でいいや」「次の休憩時間に返信しよう」このような考え方では、クライアントからの信用は得られません。

メールやチャットの返信は「即レス」が基本です。

もし絶対に返信できない時間帯があるのであれば、あらかじめ伝えるなどの対策が必要になります。

レギュレーションを読まない

Webライターにおける「レギュレーション」とは、記事を執筆する上で「絶対に守るべきルール」のことです。

タイトルの文字数やメディアの目的など、レギュレーションはサイトによって異なります。

このレギュレーションを「少しくらいいいか」「気付かれないだろう」と、甘く考えているWebライターも少なくありません。

しかし、どのサイトにおいてもレギュレーションは「絶対に守るべきルール」です。

レギュレーションを提示されたのであれば、必ずすべて理解してから執筆をはじめましょう。

ライティングスキルが足りない

なかなか稼げるようにならないと悩んでいる人は、そもそもライティングスキルが足りていないのかもしれません。

Webライターの収入を増やす方法は「作業量を増やす」もしくは「文字単価をあげる」の2つです。

作業量には限界があるため、効率よく稼げるようになるためには、自分のライティングスキルを磨いて文字単価をあげるしかありません。

目の前の案件をこなしていくだけでも、文字単価1.5円程度までのライティングスキルは身に付きます。

しかし、安定して文字単価2円以上の案件を獲得するためには、正しい日本語の使い方や資格の取得など、学習する時間が必須です。

作業時間が減ってしまうため、一時的に収入が減ってしまいますが、大きく稼ぐためにはライティングスキルを磨くための時間も必要でしょう。

低単価の案件ばかりを受注している

低単価の案件ばかり受注している人は要注意です。

Webライターの「低単価」とは、目安として文字単価1円以下の案件を指すことが一般的です。

1円以下の案件がおすすめできないのは、単純に「稼げないから」だけではありません。

いわゆる低単価の案件がおすすめできない大きな理由は「スキルが身に付かないから」です。

低単価で募集しているということは、そもそも「高いライティングスキルが必要のない案件」ということになります。

実績として低単価の案件を受注している人もいますが、クライアントにアピールするのであれば個人ブログを立ち上げる方が圧倒的に効果的です。

低単価の案件を受注するのであれば、個人ブログに記事を3〜5記事程度、執筆してから文字単価1円以上の案件に応募した方が効率的でしょう。

SEOのスキルが足りない

Webライターとして稼げるようになるためには、SEOのスキルからは逃げられません。

そもそも「SEO」とは、検索エンジンで上位表示されやすくなるための対策のことを指します。

クラウドソーシングサイトや、求人サイトで掲載されているWebライターの案件は、ほとんどがSEO記事です。

そのため、SEOについての知識がまったくない人は、Webライターとして大きく稼ぐことはできません。

「Webライターとしてのスキル=SEOのスキル」と言っても過言ではないため、文字単価2円以上を狙っている人はSEOのスキルを磨きましょう。

しかし、SEOの基準は明確に公開されているわけではなく、曖昧な部分も少なくありません。

いきなり完璧なSEOのスキルを身に付けることは現実的ではないため、少しずつ勉強していきましょう。

参考記事:WebライターにSEOが必要な理由!SEO対策ライティングの書き方を解説

専門性がなく何でも執筆します状態になっている

「得意ジャンルは?」と聞かれて即答できないのであれば、専門性がなく何でも執筆します状態に陥っているかもしれません。

Webライターとして稼ぐためには「得意ジャンル」が必須です。

専門性のない記事は「誰でも執筆できる記事」ということになるため、文字単価も高くありません。

「得意なジャンルがない」と、悩んでいる人は「書いていて苦にならないジャンル」の知識を深めていきましょう。

自分の経歴にマッチしていなくても特定のジャンルの記事を執筆し続けていれば、それがあなたの「得意ジャンル」になっていきます。

Webライターで稼げない原因まとめ

Webライターの収入は作業量に依存しているため、非常にシンプルです。

そのため、Webライターで稼げない人には必ず原因があります。

Webライターで稼げない原因まとめ

  • 積極的に行動していない
  • 単純に作業量が足りない
  • 稼げないとすぐに辞めてしまう
  • レスポンスが遅い
  • レギュレーションを読まない
  • ライティングスキルが足りない
  • 低単価の案件ばかりを受注している
  • SEOのスキルが足りない
  • 専門性がなく何でも執筆します状態になっている

Hiro

ここまで読んでくれた人なら、自分が稼げない本当の理由が判明したと思います。稼げない原因を理解したら、次は「対応策」を見てきましょう。

Webライターで稼げるようになるには?

それでは最後に、Webライターで稼げるようになるための方法を紹介していきます。

作業時間は確保できるけど何をすればいいのか分からない人は、以下5つの方法を試してみてください。

Webライターで稼げるようになるための方法

  • ブログを始める
  • 発注者の立場に立って行動する
  • PREP法を覚え読みやすい文章力を身に付ける
  • SEOのスキルを身に付ける
  • 専門分野を身に付ける

それぞれ詳しく紹介していきます。

ブログを始める

ブログを始めるべき理由は、主に以下の2つです。

ブログを始めるべき理由

  • 収入の柱になる
  • 実績としてアピールできる

Webライターは、クライアントから依頼された記事を執筆するだけでなく、ブログに広告を掲載して稼ぐ方法もあります。

クライアントワークではないため、収益化するまでに時間がかかりますが、ライティングスキルやSEOのスキルも磨けるため、メリットは小さくありません。

また、個人ブログに掲載している記事は、胸を張って実績としてアピールできます。

将来的にWebライターとして稼げるようになりたい人は、個人ブログを開設しておきましょう。

参考記事:Webライターこそブログがおすすめ!始め方や具体的な作り方を解説

まずはお試し!10日間無料!

今すぐエックスサーバーに申し込む

発注者の立場に立って行動する

多くのWebライターは、読者の気持ちを考えて記事を執筆しています。

確かに、質の高い文章を書くためには、読者がどんな悩みを抱えているのか・どんな情報を求めているのか、を把握しておく必要があるでしょう。

しかし、あくまでも案件を依頼してくれているのはクライアントです。

発注者の立場に立って、Webライターとしてどんな行動が求められているのかを、常に意識しておきましょう。

PREP法を覚え読みやすい文章力を身に付ける

「PREP法」とは、論理的な文章を書くための型のことです。

PREP法

  • 1. Point(結論)
  • 2. Reason(理由)
  • 3. Example(具体例)
  • 4. Point(結論)

上記の順番で文章を構築することで、複雑な内容でも読みやすく読者に内容を伝えることができます。

PREP法は、Webライターの基本的なライティングスキルの1つです。

練習方法は、とにかくPREP法を意識しながら執筆するしかありません。

慣れてくれば意識しなくてもPREP法を活用した文章が書けるようになるので、毎日少しずつ練習していきましょう。

SEOのスキルを身に付ける

先ほども紹介しましたが、Webライターとして稼ぐためには、SEOのスキルから逃げることはできません。

そもそも、Webライターの仕事は、9割以上がSEO記事の執筆です。

しかし、SEOのスキルは曖昧で明確に「コレが正解!」というものではありません。

何から覚えればいいのか分からない人は、PREP法を練習しましょう。

「読者に有益な情報を伝えること」がSEOの基本です。

そのため、PREP法を用いた文章は、SEOのスキルとも言えます。

SEOのスキルについては、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

参考記事:WebライターにSEOが必要な理由!SEO対策ライティングの書き方を解説

専門分野を身に付ける

やはり確実に平均文字単価をあげるためには、専門分野を身に付けることが重要です。

Webライターとして活動をはじめてから間もない頃であれば、さまざまなジャンルに挑戦してもいいでしょう。

しかし、いつまでも幅広いジャンルの執筆をしていては、稼げるようにはなりません。

勘違いしやすいですが、得意ジャンルは1つに絞る必要はありません。

専門分野をこれから作るのであれば、2〜3つ程度に執筆するジャンルを絞って、知識を蓄えましょう。

まとめ:Webライターで稼ぐ一番の秘訣は継続すること

今回は、Webライターで稼げない原因9つと、稼ぐためにやるべきことについてお伝えしました。

最後に、稼げない原因をおさらいしておきましょう。

Webライターで稼げない原因まとめ

  • 積極的に行動していない
  • 単純に作業量が足りない
  • 稼げないとすぐに辞めてしまう
  • レスポンスが遅い
  • レギュレーションを読まない
  • ライティングスキルが足りない
  • 低単価の案件ばかりを受注している
  • SEOのスキルが足りない
  • 専門性がなく何でも執筆します状態になっている

稼げない原因は人によって、異なります。

しかし、Webライターで稼ぐ1番の秘訣は「継続すること」です。

特に、未経験からWebライターをはじめた人は、あまりのキツさに挫折してしまう人も少なくありません。

はじめた当初の厳しさは、Webライターなら誰もが通る道です。

また、継続する厳しさはクライアント側も認知しているため、歴が長いだけでも差別化につながります。

あまり気負わずに「もう少しだけ頑張ろう」という気持ちで執筆していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiro|ひろ

フリーランスとしてSEOコンサルタントやWebライターの活動を行っているHiroです。Webライターを始めたころは1文字1円未満で消耗していました。その経験を活かし、1人でも多くの初心者Webライターさんの力になれればをモットーに情報発信をしております。お仕事のご依頼は、こちらからお願い致します。⇒https://hiro-blog.biz/inquiry

-Webライター