SEO Webライター

WebライターがSEOを覚える理由とは?SEO対策ライティングの書き方を解説

WebライターにSEOが必要な理由!SEO対策ライティングの書き方を解説

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 「WebライターにSEOが必要な理由は?」
  • 「そもそもSEO対策って何?」

と疑問をお持ちの方も多いのではありませんか?

SEOと聞いても初心者の方はあまりイメージが湧かないと思います。特に「どのようにSEO対策をしていけばよいのか?」といった質問を良く受けます。

本記事では、以下の流れでWebライターにSEOが必要な理由やSEO対策ライティングの書き方などについて詳しく解説します。

本記事の流れ

  • SEO対策とは
  • SEO対策を覚えるべき理由
  • SEO対策をしたライティングの書き方
  • 絶対にやってはいけないこと

Hiro
ゴールドコースト在住のHiroです。SEOコンサルやWebライターとして活動しています。Webライターで稼ぎたい方は、以下の記事もおすすめです。

SEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」と呼びます。Googleの検索エンジンを利用したマーケティング戦略のひとつです。

Googleの自然検索で1番アクセスを見込めるのは、1位に表示されているコンテンツです。2~10位もアクセスを見込めますが、20位以降のサイトは一気にアクセスが少なくなります。30位以降になると、ほとんどアクセスが見込めません。

Googleの自然検索で上位表示させるには、SEO対策をしたコンテンツが必要です。狙ったKWでコンテンツが上位表示されれば、多くのアクセスが見込め自社サービスや商品のコンバージョン率を高められます。

SEOは自社サービスや商品のコンバージョン率を高めるための、マーケティング戦略のひとつです。

WebライターがSEO対策を覚えるべき理由

WebライターがSEO対策を覚えるべき理由は、以下の通りです。

WebライターがSEO対策を覚えるべき理由

  • ニーズが高く案件を受注しやすい
  • 将来独立する際にも役立つ知識
  • 文字単価が上がる

ニーズが高く案件を受注しやすい

SEO対策ができるWebライターは、ニーズが高く案件を受注しやすいです。企業がWebサイトの運営をする目的のひとつに、新規ユーザーの獲得があります。新規ユーザーを獲得するためには、Googleの自然検索で上位表示することが効果的です。

ただ闇雲にコンテンツを作成しても上位表示されず、経費だけがかさばりその結果費用対効果が悪くなります。しかし狙ったKWで上位表示ができるWebライターなら、コンバージョン率を高められ費用対効果も良くなります

費用対効果を高められるWebライターは貴重な存在であり、Webサイトを運営している企業なら必ずほしい人材なのです。

将来独立する際にも役立つ知識

Webライターを始めるなら、将来独立したい人も多いでしょう。SEOのスキルを身につけておけば、自社メディアを立ち上げ独立する際に役立ちます。

自社メディアというと少し難しい印象ですが、ブログでも問題ありません。エックスサーバーを使えば、年1万円前後でブログを運用できます。

ブログでもメディアでも自分のサービスや商品を販売する際は、必ずSEOのスキルは必要です。将来的に独立を考えているのであれば、絶対に覚えておきましょう。

まずはお試し!10日間無料!

今すぐエックスサーバーに申し込む

文字単価が上がる

SEO対策ができるWebライターは、文字単価が上がりやすい傾向にあります。なぜなら集客できるコンテンツを作成してくれるため、費用対効果が良いからです。

ただ書くだけのライターは文字単価も安く、1文字=0.5円とかざらです。文字単価が安い案件ばかりを受注していると、精神的につらくなり挫折します。

その点SEO対策ができるWebライターなら、スキルにもよりますが1文字=10円も夢ではありません。

またSEO対策ができれば、さらに上流工程のディレクション業務やSEOコンサルティングなどを任される可能性もあります。

ライター業務の幅を広げるためにも、必ずSEOのスキルは身に着けておきましょう。

SEO対策をしたライティングの書き方

「SEO対策の重要性は理解したが、実際どのようにやればよいの?」と疑問をお持ちの方も多いと思います。ここではSEO対策をしたWebライティングのやり方について、詳しく解説します。

SEO対策をしたWebライティングのやり方

  • 読み手を第1に考える(ユーザーファースト)
  • 見出しを使った構成作成
  • 独自性
  • 専門性(E-A-T)
  • 画像(Altタグ)
  • マークアップ(HTMLタグ)

読み手を第1に考える(ユーザーファースト)

SEO対策のライティングで一番大切なことは、読み手を第1に考えるユーザーファーストです。例えば狙っているKWでコンテンツを書く場合、「このKWで検索するユーザーの悩みは何だろう?」「どんな悩みを解決したいのだろう?」などと深く考えてください。

ユーザーの心理状況や知識レベルまで考えていき、コンテンツを作成することが大切です。またSEO対策をしたコンテンツは集客も担っており、企業イメージにもつながります。

ただ闇雲に書いた記事はそもそも上位表示されませんが、万が一見られた場合イメージダウンをしてしまうかもしれません。

ユーザーに価値を提供し満足してもらうためにも、読み手を第1に考えるユーザーファーストを意識してコンテンツを作成しましょう。

見出しを使った構成作成

ユーザーがコンテンツを読みやすいようにするためには、見出しを使い構成を作成することが大切です。悲しい話ですが、ユーザーはコンテンツの内容を深く読まない傾向があります。

ではどのようなコンテンツが読まれやすいのかというと、目次を見て知りたい情報があるかどうかです。目次を読み、見出しで全体が分かる内容が好まれやすい傾向にあります。

ユーザーはそもそもコンテンツ内容を深く読まないといった認識を持ったうえで、読ませるような見出しづくりを心がけましょう。ただしコンテンツを読まないからと言って、コンテンツ内容を適当にするのはやめましょう。

独自性

SEO対策のライティングでは、独自性が求められます。ここでいう独自性とは、競合と差別化できているか?や自社サイトに同じコンテンツはないかコピーコンテンツはないか?などです。

しかしSEO対策をされたコンテンツはWeb上に多くあり、差別化をするのは簡単ではありません。上位コンテンツがどのニーズが満たせていないのか、どういった見せ方なら読みやすいかなどを考えながら、独自性を追求していきましょう。

専門性(E-A-T)

SEO対策のライティングでは、どんな人が書いたのかも大切です。専門用語で「E-A-T」と呼ばれます。

E-A-T

  • E(Expert):専門性
  • A(Authoritativeness):権威性
  • T(TrustWorthiness):信頼性

例えば投資系の話の場合、金融アナリストの話と一般人の話ではどちらが信用できますか?当然金融アナリストが言っている方が信用できますよね。

このようにSEO対策のライティングでは、「E-A-T」も大切です。特に金融や医療などの専門分野では、重要度が高い傾向にあります。

画像(Altタグ)

画像を使う際に、Altタグを設定するようにしましょう。Altタグとは、画像の内容を表記するものです。

Altタグを使うことで、Googleに画像内容を伝えたり画像が表示されないときに説明を表示してくれたりと重要な役割があります。

Googleでは稀に画像が表示されないことがあります。ユーザーに不快感を与えないためにも、Altタグは設定しておきましょう。

マークアップ(HTMLタグ)

マークアップと、HTMLタグを使いGoogleにテキストや画像を正しく理解してもらうためのものです。Googleはコンテンツ内容や画像を正しく理解できないので、マークアップを使い教える必要があります。

例えば、

Hello World

と記載すれば、「Hello World」が記載されているよと教えられます。高品質なコンテンツを作成してもGoogleが正しく認識できなければ、そもそも評価されることはありません。

マークアップを使い正しい情報を教えることも、大切なSEO対策の一つです。

SEO対策をしたライティングで絶対にやってはいけないこと

SEO対策をしたライティングでは、絶対に以下のことはやめましょう。

SEO対策をしたライティングで絶対にやってはいけないこと

  • コピペ(コピー&ペースト)
  • とにかく長文で書く
  • KWの詰め込みすぎ

コピペ(コピー&ペースト)

コピペはコピー&ペーストの略であり、他のサイトの文章をそのまま自社サイトで使う行為です。

Webサイト上の文章はコピペがしやすく、スキルの無い初心者の方はやってしまう傾向にあります。

しかしバレないと思っていても、コピペチェックツールがあるため必ずバレます。

またコピペをしたコンテンツはGoogleにもわかってしまうため、ペナルティをくらい検索エンジンにそもそも表示されません。

コピペは検索エンジンにのらないどころか、クライアントからの信用も下げてしまう行為です。何があっても絶対にやめておきましょう。

とにかく長文で書く

SEOが普及し始めたころは、長文で書くと上位表示されやすいといった長文SEOがありました。

しかしもはや過去のことであり、長文で書いたとしてもGoogleからは評価されません

現在のSEOで大切なことは、ユーザーが求める情報に寄り沿ったコンテンツを提供することです。

つまり検索意図を満たすコンテンツを用意しなければ、検索エンジンで上位表示することはありません。

文字数を気にするよりも、ユーザーがどのような悩みを解決したいのかやコンテンツの読みやすさなどに力を注ぎましょう。

KWの詰め込みすぎ

SEO対策を意識するあまり、KWを詰め込み過ぎるのも良くありません。

KWの多用した「ワードサラダ」といった手法は一昔前までは効果的であり、今も使えると思っている方も多いと思います。

しかし今のGoogleには無意味であり、逆にペナルティをくらい検索エンジンに表示されない可能性もあります。

KWを意識するよりも、狙っているKWの検索意図を満たすコンテンツを作成してください。

以上絶対にやってはいけないことでした。もしクライアントに上記のことをやっているとばれてしまえば、当然契約をられます。

そして最悪の場合は、著作権の侵害で訴訟をされてしまう恐れもあるのです。

絶対にやらないようにしましょう。

まとめ:WebライターならSEOの取得は必須スキル

将来的にWebライターとして稼ぎ続けるのであれば、SEOのスキルは必ず覚えましょう。

SEOは費用対効果の良い手法であり、Webサイトを運営している企業からニーズが高いスキルです。

今後SEOコンサルタントとして独立を視野に入れているのであれば、なおさら覚えておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiro|ひろ

フリーランスとしてSEOコンサルタントやWebライターの活動を行っているHiroです。Webライターを始めたころは1文字1円未満で消耗していました。その経験を活かし、1人でも多くの初心者Webライターさんの力になれればをモットーに情報発信をしております。お仕事のご依頼は、こちらからお願い致します。⇒https://hiro-blog.biz/inquiry

-SEO, Webライター