Webライター

副業Webライターで月10万円を稼ぐ方法は?会社にバレない対策も解説

副業Webライターで月10万円稼ぐ方法!会社にバレない対策も解説

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 副業でWebライターを始めたいけど、どうやればいいの?
  • 副業Webライターで月10万円稼ぐにはどうしたらいいの?
  • 副業していることを会社にバレたくない

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

副業でWebライターを選ぶ方は多いですが、実際どのように始めればよいのか分からない方はたくさんいます。

Webライターはどこで仕事を受注するの?」や「稼ぎ方が分からない」といった質問をよく受けます。

そこで本記事では、

本記事の流れ

  • Webライターの仕事内容
  • Webライターを始めるメリット
  • Webライターを始めるのに必要なもの
  • Webライターを始める方法
  • Webライターで月10万稼ぐ方法
  • 会社にバレない対策

という流れで、副業Webライターについて詳しく解説します。

Hiro
ゴールドコースト在住のHiroです。SEOコンサルやWebライターとして活動しています。Webライターで稼ぎたい方は、以下の記事もおすすめです。

目次

Webライターの仕事内容とは?

Webライターの仕事内容は非常にシンプルで「文章を書くこと」のみです。

しかし基本的にはクライアントが求めている文章を書くことになるため、自分の好きなことだけを書くわけではありません。

クライアントから指定されたテーマや文字数、想定している読者などを考慮して記事を作成することになるでしょう。

主な依頼の内容は、ブログに掲載するコラムやECサイトの商品紹介ページ、ネット広告の文章など、多岐にわたります。

画像編集やグラフ作成も一緒に依頼されることもありますが、Webライターの基本的な仕事内容は、ネット上に公開される文章を書くことです。

そのため正しい日本語さえ知っていれば、誰でもできる仕事と言えるでしょう。

誰でもできるが故にライバルも多いため、安定して稼ぐためには、より良い文章を書くための努力が必要になります。

副業でWebライターを始めるおすすめの理由3つ

「今すぐに副業で稼ぎたい」こんなふうに考えているなら、Webライターが向いているでしょう。

副業でWebライターを始めるおすすめの理由は、以下の3つです。

副業でWebライターを始めるおすすめの理由

  • 初心者や未経験でも始められる
  • 副業を始める費用が少ない
  • 将来独立する際に役立つ

おすすめ1:初心者や未経験でも始められる

先ほども紹介しましたが、Webライターの仕事は「文章を書くこと」です。

そのため、日本語を使って日常会話ができている人であれば、基本的には誰でも始められるでしょう。

プログラミングや動画編集を副業で始めるなら、最低でも6ヶ月は学習期間が必要になります。

その点、Webライターは初月から仕事を始めることができるので、お金を稼ぎながらWebライターとしてのスキルを磨けます

おすすめ2:副業を始める費用が少ない

Webライターの仕事はパソコンを持っていれば、すぐにでも始められます。

高スペックのパソコンや専用のソフトを買う必要もないため、初期費用がかからないこともWebライターを始める大きな魅力でしょう。

最近では、いきなりWebライター専門のスクールに入ろうとする人もいますが、本格的に活動してからでも問題ありません。

リスクを抑えて気軽に副業を始めたい人には、Webライターがおすすめです。

おすすめ3:将来独立する際に役立つ

「文章を書く」という仕事は、さまざまな場面で活躍します。

そもそも、Webライターに求められている「文章」とは、読者の悩みを解決してくれる文章です。

そのため、Webライターとして活動していると「相手がどんなことを考えているのか」「どうやって説明すれば理解してくれるのか」が、自然と身についてきます。

Webライター以外の業種でも活かせる経験になるため「スキルアップしたいけど、何をすればいいのかわからない」こんな人にもWebライターはおすすめです。

副業でWebライターを始めるのに必要なもの3つ

始めるために必要なものが少ないことも、Webライターの特徴でしょう。

副業でWebライターとして活動するためには、以下の3つが必要になります。

副業でWebライターを始めるのに必要なもの

  • パソコン
  • インターネットやWi-Fi
  • 連絡ツール

必要なもの1:パソコン

Webライターは文章を書く仕事なので、効率よく稼ぐためには必要不可欠でしょう。

スマホでもWebライターの仕事をおこなうことは可能ですが、やはりスマホとパソコンでは入力速度に大きな差があります。

500字程度のコラムであれば、スマホだけでもストレスなく執筆できるかもしれませんが、大きく稼ぐことは難しいでしょう。

また、スペックに関しては、検索と文字の入力さえできればいいので、5〜10万円程度のパソコンで問題ありません。

必要なもの2:インターネットやWi-Fi

Webライターは1人でやる仕事だと思っているかもしれませんが、基本的にはクライアントから仕事を依頼されて初めて仕事として成立します。

そのため、クライアントと連絡するために、インターネット環境が必要です。

最近はカフェやレストランで、無料のフリーWi-Fiが利用できるお店も増えていますが、守秘義務や情報漏洩の観点から、自分専用の通信回線を用意しておいた方がいいでしょう。

必要なもの3:連絡ツール

クライアントとやり取りするための、連絡ツールも必要になるでしょう。

Webライターであれば「ChatWork」と「Gmail」は必須です。

どちらも無料で利用できるため、今すぐにアカウント登録しておくことをおすすめします。

また、Webライターの仕事は、Googleが提供しているサービスの使用頻度が非常に高いため、Googleアカウントも必要不可欠です。

プライベートで使っているものとは、別にしておいた方が整理しやすいため、副業用のアカウントを新しく作成しておきましょう。

副業でWebライターを始める方法2つ

Webライターに興味があるけど、始め方が分からない人も多いのではないでしょうか。

副業でWebライターを始める代表的な方法は、主に以下の2つです。

副業でWebライターを始める方法

  • クラウドソーシングに登録する
  • ブログを始める

始め方1:クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは、オンライン上で仕事を探せるサービスのことです。

特別なスキルがなくても利用できることや、応募者が多いことから、相場より安い案件も少なくありません。

しかし、今すぐにWebライターの仕事を始めたいならクラウドソーシング一択でしょう。

代表的なクラウドソーシングには「クラウドワークス」があります。

完全未経験でも応募できる案件も多いので、どちらとも登録しておきましょう。

資格・スキル・学歴不要

今すぐクラウドワークスに登録する

※わずか30秒で登録完了!

始め方2:ブログを始める

自分のブログに広告を掲載して稼ぐ方法もあります。

しかし、ブログを開設してすぐは、まったく人に見てもらえない期間が続くため、長期的なプランになります。

ブログだけで月に1万円以上稼げるようになるには、最低でも1年程度は必要になるでしょう。

自分で運営しているブログは、クラウドソーシングで案件に応募するときの実績になります。

ブログ運営経験の有無はかなり大きなアドバンテージになるため、クラウドソーシングとブログを併用できると理想的です。

参考記事:Webライターこそブログがおすすめ!始め方や具体的な作り方を解説

まずはお試し!10日間無料!

今すぐエックスサーバーに申し込む

副業Webライターで月10万円稼ぐためのロードマップ

ここからは、副業Webライターで月10万円稼ぐための、ロードマップを紹介していきます。

副業でもっと稼ぎたい人は「月10万円」を目標にしている人も多いでしょう。

「月10万円」と聞くと、ハードルが高く感じるかもしれませんが、Webライターなら特別なスキルは必要ありません。

以下のロードマップを見て、具体的にどんなことをすればいいのかイメージしてみてください。

副業Webライターで月10万円稼ぐためのロードマップ

  • コミュニケーションスキルを身に付ける
  • 初心者は書くことに慣れる
  • PREP法のスキルを身に付ける
  • SEOライティングを覚える
  • 専門ジャンルを身に付ける

ロードマップ1:コミュニケーションスキルを身に付ける

Webライターに限った話ではありませんが、インターネット上で副業を始めるなら「コミュニケーションスキル」は非常に重要です。

そもそも未経験の人には高い文章スキルは求められていないため「円滑に仕事を進められる人かどうか」をクライアントは重視しています。

メールでの言葉使いや返信の速度など、社会人としてのマナーを再確認しておきましょう。

また、コミュニケーションスキルを身に付けるなら、Twitterがおすすめです。

Twitterで情報を発信しているWebライターは多く、交流も盛んにおこなわれています。

悩みや質問に答えてくれる人もいるので、情報を集めながらコミュニケーションスキルも養えます。

ロードマップ2:初心者は書くことに慣れる

Webライターとして文章を書いた経験のない人は、まずは「書くこと」に慣れましょう。

もちろん質も大切ですが、基本的にWebライターは「文字数」で報酬が決まることが多いため、執筆スピードが時給に直結します。

目安としては、自分の得意なジャンルで「1時間1,000文字」を目指しましょう。

初心者Webライターの相場は、文字単価0.8円〜1円程度なので、1時間で1,000文書くことができれば、時給換算すると800円〜1,000円になります。

「1時間1,000字」をクリアするまでは採算度外視で、格安案件を受注して実績を積みながら書くことに慣れていきましょう。

しかし、単純に執筆速度を上げるだけでは、質の低いコンテンツを量産してしまう恐れがあります。

書くことに慣れて、文字単価1円の案件を受注できるようになったら、より質の高いコンテンツが求められることを覚えておきましょう。

ロードマップ3:PREP法のスキルを身に付ける

「PREP法」とは、論理的な文章を書くための型のことです。

説得力のある文章を書くための「テンプレート」と言ってもいいでしょう。

Webライターの主な仕事内容

  • Point(結論):結論を伝える
  • Reason(理由):結論の理由を説明する
  • Example(具体例):理由の根拠を述べる
  • Point(結論):結論をもう一度伝える

これらの頭文字を取って、PREP法と表記されます。

人間が知らないことを理解するときの思考回路と同じ流れなので、PREP法に沿って文章を書くだけで説得力は飛躍的に上昇します。

しかし、意識せずにPREP法に沿った文章が書けるようになるためには、数年単位の練習期間が必要です。

PREP法は自己紹介やプレゼン、日常会話にも応用できるため、普段から意識して積極的に使っていきましょう。

ロードマップ4:SEOライティングを覚える

Webライターを始めようとしている人は「SEO」という言葉を見たことがあると思います。

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略語で、日本語だと「検索エンジン最適化」と言います。

Webサイトの検索順位を上げるための施策のことで、多くの人にサイトを見てもらうことが目的です。

検索順位はGoogleなどの検索エンジンが、AIを活用して決定されています。

その構造は非常に複雑で、判断基準も明確に公開されていないため、SEOライティングは一概に「できる・できない」というものではありません。

しかし、Webライターの仕事の9割以上は、SEOライティングです。

そのため、SEOライティングを覚えずに、月10万円以上稼ぐことは現実的ではありません。

また、先ほど紹介したPREP法は、SEOライティングにも非常に有効です。

自分が執筆した記事の順位はすべてリサーチして、どんな記事が良い評価を受けているのかを常にチェックしておきましょう。

ロードマップ5:専門ジャンルを身に付ける

この段階まで来ていれば、文字単価1円の仕事は、簡単に受注できるようになっているでしょう。

そこから更に、大きく稼ぐためには専門ジャンルを身に付ける必要があります。

「就活・転職」「育児」「家電」「金融」など、Webライターにはさまざまなジャンルがあります。

今ある知識量で専門ジャンルを決めるのではなく「書いていて苦にならないジャンル」を極めて専門ジャンルにしていきましょう。

Webライターのジャンルにも、向き不向きがあります。

知識量や経験が豊富でも、自分が書いていて辛いジャンルは、続けるべきではありません。

また、Webライターは知識量も大切ですが、分かりやすく伝えるスキルの方が重要です。

専門性が高くなってくると、文字単価4円以上も夢ではありません。

文字単価4円であれば、5,000字の記事を月5本執筆するだけで10万円を達成できます。

未経験からこのレベルまで到達するためには、最低でも2年は必要になりますが、特別なスキルや経験がなくても実現可能です。

もちろん、簡単ではないですが、初期投資もリスクも少なく、継続していれば誰でも「月10万円」が達成できるのはWebライターならではの特徴でしょう。

副業Webライターの注意点

それでは次に、副業Webライターの注意点を紹介していきます。

これからWebライターを始めようとしている人は、以下の3つに注意しておきましょう。

副業Webライターの注意点

  • 複数の案件を受注しない
  • クライアント側の気持ちに立つ
  • 初めから成功すると思ってはいけない

注意点1:複数の案件を受注しない

自分の執筆スピードを過信して、複数の案件を受注しないようにしましょう。

当たり前ですが、クライアントから案件をいただいて「やっぱり無理でした」は通用しません。

クライアント同士のつながりもあるため、悪評が広がっていけば、誰からも相手にされなくなるでしょう。

体調不良や不慮の事故を想定して、絶対にこなせる自信がない場合は、受注しないようにしておきましょう。

注意点2:クライアント側の気持ちに立つ

Webライターは「読書」の気持ちを第一に考える必要がありますが、仕事をくれているのは「クライアント」です。

自分がクライアントなら「どんな人に仕事を頼みたくなるか」を理解していれば、継続して依頼されやすくなります。

クラウドソーシングを利用して、自分のプロフィール画像を依頼するなどして、実際にクライアントになってみるといいでしょう。

お金はかかりますが、クライアントを経験することで、新たな仕事につながる可能性は十分にあります。

クライアントの気持ちを理解していれば、納期を過ぎてしまったり返信が遅れてしまったりすることが、いかに致命的なミスなのかが理解できるでしょう。

注意点3:初めから成功すると思ってはいけない

Webライターは確かに「始めやすい」副業として人気です。

しかし、誰でも簡単に稼げるようになるわけではありません。

Webライター初月から10万円達成!」「Webライターなら月5万円は簡単!」このような記事を見かけることもありますが、実際にはやめてしまう人の割合の方が多いでしょう。

特に、クラウドソーシングで案件を獲得できなくて、挫折してしまう人は少なくありません。

しかし、未経験であれば失敗するのが「普通」です。

やめてしまう人が多いからこそ、続けているだけでクライアントからの評価は高くなっていきます。

あまり気負いすぎず「月10万円」の目標は、あくまでも長期目標として、堅実にレベルアップしていきましょう。

副業禁止の会社でもWebライターはできるのか?

結論から言うと、副業禁止の会社でもWebライターとして稼ぐことは「可能」です。

そもそも「副業禁止」は、あくまでも会社のルールなので、法律に違反しているわけではありません。

もちろん、就業時間中に副業をしているのはNGですが「就業時間以外であれば労働者の自由」と言うのが法律上の見解です。

また、副業がバレてしまっても、会社から罰則を与えられる法的な根拠はありません。

会社員の副業は憲法の「職業選択の自由」の含まれるため、特別な理由がない限りは自由に副業する権利があります。

日本国憲法第三章 国民の権利及び義務 第二十二条第一項

「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。」
(引用:衆議院 国会関係法規-日本国憲法

自分の副業が原因となって、会社の業績にダメージを与えてしまうなど、例外もありますが、基本的に副業は法律上で認められています。

「副業はすべて禁止」このような理由のない就業規則は許されていません。

副業Webライターが会社にバレないようにするための対策5つ

副業が法律で認められていても、やはりバレたくない人も多いですよね。

それでは最後に、副業Webライターが会社にバレないようにするための対策を紹介していきます。

絶対に会社に内緒で副業をしたい人は、以下5つの対策をおこないましょう。

副業Webライターが会社にバレないようにするための対策

  • 実名や顔写真を出さないで活動する
  • スマホの通知をONにしない
  • 会社で作業をしない
  • 同僚にも内緒にする
  • 住民税を「普通徴収」にする

バレない対策1:実名や顔写真を出さないで活動する

クラウドソーシングやブログに自分の顔写真を掲載していて、会社にバレてしまう人も少なくありません。

インターネット上は、誰に見られていてもおかしくありません。

Webライターであれば、顔写真を掲載するメリットもあまりないので、イラストや後ろ姿の写真にしておきましょう。

バレない対策2:スマホの通知をONにしない

スマホの通知画面を見られる可能性もあります。

通知画面に「ランサーズ」や「クラウドワークス」のアプリ名が表示されていたら、すぐにバレてしまうでしょう。

また、就業時間中にスマホの通知音が頻繁に鳴っていたら、不審に思う人もいます。

しかし、タイムリーな返信はWebライターにとって、非常に重要です。

スマホの通知はOFFにしておき、こまめにチェックする癖を付けておきましょう。

バレない対策3:会社で作業をしない

当たり前ですが、就業時間内の副業は絶対にしてはいけません。

また、休憩時間にも注意が必要です。

休憩時間にパソコンを触っているけど、仕事はまったく進んでいないことから、自分の仕事を管理している人にバレてしまうかもしれません。

周りに人が誰もいない、かつ短時間であれば問題ないかもしれませんが、それが習慣になってしまうと、不意に見られてしまうことも考えられます。

基本的には、会社以外の場所で副業をするようにしましょう。

バレない対策4:同僚にも内緒にする

同僚に副業を初めたことを、言いたくなる気持ちは理解できます。

しかし、副業がバレてしまうリスクを、同僚が理解しているとは限りません。

悪気なく上司に言ってしまう可能性は十分にありますし、1度広まってしまった噂話を止めることはできないでしょう。

そもそも、同僚に副業の話をするメリットはありません

リスクしかないので「この人は信用しているから大丈夫」と思っていても、副業のことは内緒にしておきましょう。

バレない対策5:住民税を「普通徴収」にする

副業がバレてしまうよくある原因の1つが「住民税」です。

Webライターの収入が年間20万円を超えると、確定申告が必ず必要になります。

そして、確定申告のときに住民税の納付方法は「普通徴収」と「特別徴収」から自分で選択することができます。

「特別徴収」を選択してしまうと、会社の給料から天引きされるため、他の社員より住民税が高いことから、会社に副業がバレてしまいます。

「普通徴収」を選択すれば、会社の所得と副業の所得を切り離して計算してもらえるため、会社にバレる心配はありません。

住民税は必ず「普通徴収」を選択して、自分で納付するようにしましょう。

まとめ:副業は本業に支障をきたさないように取り組みましょう

今回は、副業Webライターで10万円稼ぐ方法や注意点、会社にバレないための対策についてお伝えしました。

副業は、あくまでも「副業」です。

本業に支障をきたして給料が下がってしまっては、稼ぐ意味もなくなってしまいます。

「月10万円」の目標を達成するためには、焦らずに自分のペースで課題をクリアしていくことが大切です。

Webライターは挫折する人が多いため、継続しているだけで、クライアントからの評価も上がります。

月10万円稼ぎたいなら、以下のロードマップをこなしていきましょう。

副業Webライターで月10万円稼ぐためのロードマップ

  • コミュニケーションスキルを身に付ける
  • 初心者は書くことに慣れる
  • PREP法のスキルを身に付ける
  • SEOライティングを覚える
  • 専門ジャンルを身に付ける

特別なスキルは必要ありませんが、辛くても毎日書き続けることが重要です。

副業で月10万円稼げるようになれば、今よりもっと自由な生活が手に入ります。

Webライターのスキルを身につけて、ストレスなく働ける環境を目指しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiro|ひろ

フリーランスとしてSEOコンサルタントやWebライターの活動を行っているHiroです。Webライターを始めたころは1文字1円未満で消耗していました。その経験を活かし、1人でも多くの初心者Webライターさんの力になれればをモットーに情報発信をしております。お仕事のご依頼は、こちらからお願い致します。⇒https://hiro-blog.biz/inquiry

-Webライター