Webライター

Webライターの勉強方法は?スキルUPのためにやるべき4つのこと

Webライター 勉強

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • Webライターになる勉強方法は?
  • Webライターとしてスキルを上げる勉強方法は?
  • Webライターとしてやってはいけない勉強方法は?

Webライターを初めてみようと思っても、いざどうやって勉強してよいのか分からない方も多いのではありませんか?

本記事では、Webライターになる勉強方法やスキルを上げる勉強方法、やってはいけない勉強法などを詳しく解説します。

Hiro
ゴールドコースト在住のHiroです。SEOコンサルやWebライターとして活動しています。Webライターで稼ぎたい方は、以下の記事もおすすめです。

そもそもWebライターを始めるのに勉強は必要?

Webライターを始めるだけなら、勉強は必要ありません。Webライターは極端な話、日本語で文章を書ければ成り立つ仕事です。特別な資格やスキルなどは必要ありません。

ただしWebライターとして長期的に稼ぎ続けたいのであれば、スキルUPのための勉強は必要です。

つまりこれからWebライターを始めようと思っているのであれば、まずは初めてみるのをおすすめします。始めてから勉強していくスタイルがおすすめです。

Webライターを始めるなら勉強するより体験したほうが早い

前述したように、Webライターを始めるだけなら勉強よりも体験しましょう。そもそもWebライターは始めやすさが魅力の職業です。

もちろん始めて間もない頃は、執筆する速度も遅いです。当然、読みづらい文章になってしまうでしょう。

しかしWebライターは自分の好きなように執筆するわけではありません。クライアント側が用意したマニュアルやレギュレーションを読み執筆します。

クライアント側はある程度ライティングに関して知識があります。言い換えれば「マニュアルやレギュレーションを読みながら執筆する=ノウハウを学びながら執筆の経験ができる」と言っても過言ではありません。

Webライターは報酬をもらいながら、スキルを身に着けられる数少ない仕事の一つです。Webライターを始めるなら、勉強よりも体験するのをおすすめします。

初心者の方はクラウドワークスがおすすめ

Webライターを始める最も一般的な方法は、クラウドソーシングへの登録です。クラウドソーシングとは、企業や個人がWeb上で不特定多数の人たちに発注(アウトソーシング)するサービスです。

クラウドソーシングでは、様々なサイトがあります。クラウドソーシングの中でも特におすすめなのが、「クラウドワークス」です。

クラウドワークスは国内シェアや取引数、利用ユーザー数など№1であり、国内最大級のクラウドソーシングです。初心者の方は、案件が豊富な「クラウドワークス」から初めてみましょう。

もちろん、よく比較されている「ランサーズ」でも問題ありません。両方登録してみて、使いやすい方をメインにする方法もあります。

しかしいきなり2つのサイトを平行利用していると、重要な案件やメールを見落としてしまう可能性があります。

まずはクラウドワークスから始めて、合わないなと感じたらランサーズの利用を検討しましょう。

Webライターの勉強方法

WebライターとしてスキルUPをして長期的に稼ぐには、勉強は必要不可欠です。WebライターとしてスキルUPをするための勉強方法を詳しく解説します。

  • 本・書籍を読む
  • ブログを書いて練習をする
  • Webサービスやオンライン学習プラットフォームなどを利用する
  • 企業のブログやサイトを読む

勉強方法①:本・書籍を読む

Webライターのもっとも基本的な勉強方法が「本・書籍を読む」です。

Webメディアの記事でも勉強になりますが、やはり本や書籍の情報量には劣ります。

また、Webメディアの場合は、情報が間違っていることも珍しくありません。

もちろん、本や書籍の情報が古くなっていることもありますが、実績のある著者から学べるため、コストパフォーマンスは高いでしょう。

しかし、いきなり何十冊も読んでしまうと、情報量が多すぎて自分のライティングに反映するのが難しくなってしまいます。

まずは1冊読んでみて、その本から得た情報・知識を実際に試してみることが重要です。本や書籍を「読むだけで」成長できるわけではありません。

Webライターを始めるなら必ず読みたいライティング本15選【初心者必見】

勉強方法②:ブログを書いて練習をする

Webライターの勉強といえば「ブログの執筆」です。この記事の冒頭でも紹介しましたが、Webライターとして成長するためには、とにかく実践あるのみです。

しかし、クライアントワークは記事の書き方や構成が決まっているため、自由に執筆できる機会はほとんどありません。

そのため、読みやすい文章の書き方やユーザーの惹きつけ方など、Webライターとして重要な能力はクライアントワークをこなしているだけでは、なかなか身に付かないでしょう。

また、ブログの運営はライティングスキルだけでなく、サイトの構築方法やアナリティクスの解析など、Webメディアに関する幅広い知識が習得できます。

Webライターはブログを始めるべき?始め方や具体的な作り方を解説

勉強方法③:Webサービスやオンライン学習プラットフォームなどを利用する

Webサービスや、オンライン学習プラットフォームなどを利用する方法もあります。YouTubeやTwitterなどには、無料でライティングスキルを発信している人も少なくありません。

特にSNSでは、実際に相談させてくれる人も多く、中には記事の添削を無料でしてくれる人までいます。

独学で学習するモチベーションがない人は、プラットフォームを利用して学習してもいいでしょう。

勉強方法④:企業のブログやサイトを読む

本や書籍の情報量には劣りますが、Webメディアを読むことで得られる情報もあります。

特に企業が運営しているブログやサイトは、かなりコストがかかっているため、自分のライティングに活かせる部分もあるでしょう。

しかし、Webメディアには間違った情報が記載されていることも多く、すべての情報を鵜呑みにするのは危険です。あくまでも参考程度にしておきましょう。

Webライターを始めるのにあまりおすすめしない勉強方法

これまでに効果的な勉強方法を紹介してきましたが、合う・合わないの問題もあるため、一概に「これが1番いい」という方法はありません。

しかし、Webライターを始めるのに、あまりおすすめしない勉強方法が1つだけあります。それは「資格の取得や通信講座などの受講」です。

Webライターの資格や通信講座に意味がないわけではありませんが、初心者がわざわざ取得するメリットが小さすぎます。

確かに資格などはクライアントへのアピール材料になりますが、無料で開設できるブログに記事を投稿している方が、より具体的に能力を証明できます。

自分のライティングスキルに自信のない人は「お金を払って勉強したい」と思っているかもしれませんが、高額な通信講座を受講しても、文章を書かなければ能力は上がりません。

経験を積んで特定の分野を極めるために、資格の取得や通信講座を受講するなら効果的ですが、初心者が挑戦しても効果は薄いでしょう。

Webライターで稼ぐために必要な知識

最後に、Webライターで稼ぐために必要な知識について紹介していきます。Webライターとしての経験が浅い人は、以下の2つを意識して勉強しましょう。

  • 「PREP法」を身に付けて読まれやすい文章を覚える
  • SEOのスキルを身に付ける

「PREP法」を身に付けて読まれやすい文章を覚える

PREP法とは、結論や要点を文頭に持っていくことで何が言いたいのかを相手にうまく伝えるための文章の書き方です。

論理的な文章を書くためのテンプレートのようなもので、以下のような流れで文章を構築していきます。

  • 1.Point(結論)
  • 2.Reason(理由)
  • 3.Example(具体例)
  • 4.Point(結論)

練習方法は、とにかくPREP法を意識しながら執筆するしかありません。

慣れてくれば意識しなくてもPREP法を活用した文章が書けるようになるので、毎日少しずつ練習していきましょう。

SEOのスキルを身に付ける

SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、執筆した記事を上位表示させるための対策のことを指します。

そもそもクラウドワークスやランサーズなど、多くのクラウドソーシングサイトで募集されているWebライターの案件は「SEO記事の執筆」です。

Webライターの仕事は、9割以上がSEO記事の執筆なので、稼ぐためには必須となるスキルの1つです。

「読者に有益な情報を伝えること」が最近のSEOでは重視されているため、PREP法を用いた文章は、SEOのスキルとも言えます。

Webライターとして大きく稼げるようになりたいなら「PREP法」と「SEOのスキル」を少しずつ磨いていきましょう。

WebライターがSEOを覚える理由とは?SEO対策ライティングの書き方を解説

まとめ:Webライターはクライアントの気持ちを理解することも大切

何度も言いますが、Webライターを始めるだけであれば、特別な勉強をする必要はありません。クラウドワークスに登録して、とにかくまずは経験を積むことが重要です。

どうしても自信がなくて案件に応募できない人は、「はてなブログ」や「note」などの無料でブログを開設できるサービスを利用して、文章を書くことに慣れることから始めましょう。

また、クライアントワークで稼ぐためには「クライアントの気持ち」も非常に重要です。

もちろん、Webライターの仕事は「文章を書くこと」ですが、それ以前にマナーがなっていない人は、そもそも案件を獲得できません。

クライアントの立場に立って、Webライターとしてどんな行動が求められているのかを、常に意識しておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiro|ひろ

フリーランスとしてSEOコンサルタントやWebライターの活動を行っているHiroです。Webライターを始めたころは1文字1円未満で消耗していました。その経験を活かし、1人でも多くの初心者Webライターさんの力になれればをモットーに情報発信をしております。お仕事のご依頼は、こちらからお願い致します。⇒https://hiro-blog.biz/inquiry

-Webライター