Webライター

Webライターがきついと言われる原因は?乗り越える5つの方法も紹介

Webライターがきついと言われる原因7つ!乗り越える方法も紹介

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 「Webライターはきついの?」
  • 「きつい原因は?」

と疑問をお持ちの方も多いのではありませんか?

Webライターは、誰でも始めやすい仕事です。しかし参入ハードルが低く、言い換えれば人気があり競合が激しい仕事でもあります。

実際に「Webライターがきついからやめたい」や「どうすれば稼げるようになりますか?」など多くの質問を受けることがあります。

本記事では以下の流れで、Webライターがきついと言われる原因や乗り越える方法などについて詳しく解説します。

本記事の流れ

  • Webライターがきついといわれる原因
  • きつい時期を乗り越える方法
  • 乗り越えた先にあるもの

Hiro
ゴールドコースト在住のHiroです。SEOコンサルやWebライターとして活動しています。Webライターで稼ぎたい方は、以下の記事もおすすめです。

Webライターはきつい?

Webライターの仕事は、簡単に言ってしまうとパソコンとネット環境があれば始められます

簡単に始められるが故に、いざ始めてみたけれどライターの仕事はきついなと感じてしまう方が多くいるのも事実です。

しかしそう感じてしまうにはやはり原因があり、抜け出す方法もあります。おそらくこれを読まれている方の多くは、ライターになってみたけどきついな。

と、つまづきを感じているのではないでしょうか。最後までお読みいただければ、少しは解決策としてお役に立てるかもしれません。

初心者Webライターがきつい原因

初心者Webライターがきつい原因は、以下の理由が考えられます。

初心者Webライターがきつい原因

  • 文字単価が1円未満で消耗する
  • 案件に応募してもなかなか採用されない
  • フィードバックが多すぎて辛い
  • 1記事書くのに時間がかかる
  • 仕事を受注しすぎてキャパオーバー
  • 悪質なクライアントによる給与未払い
  • 孤独

文字単価が1円未満で消耗する

Webライターとしてスタートしても、初めから高単価の案件にたどり着ける確率は非常に低いです。

僕もWebライターになりたての頃に受けていた案件は、文字単価1円に満たない記事もたくさん経験しています。

文字単価が0.7円の案件で、4000文字の記事を仕上げたとしても、1記事2800円。そこから手数料も聞かれてしまうと、1記事で2500円くらいです。

しかも、初心者の方で1記事仕上げるにはおそらく半日から丸一日かけてしまうこともあるのではないでしょうか。

慣れない上に、1日かけて2500円の利益では割に合わないな。と感じてしまうことも無理はありません。

案件に応募してもなかなか採用されない

クライアントさんの案件には時間の猶予がないことが多いのも事実です。

どうしても始めたばかりで即戦力になれないWebライターさんになかなかチャンスが回ってこないわけですが、Webライターとしての経験を積むには応募し続けるしかないのでつらいところです。

フィードバックが多すぎて辛い

時間をかけ完璧に仕上がったと思い、記事の提出をしても結局クライアントさんの意図を読み取れていなかったりすると、鬼の修正がきたりします。

それが1度のフィードバックで終われば良いですが、2度3度となることも珍しいことではありません。

雑記ブログとは違いクライアントさんの求める書き方をそもそも習得しなければならずやはり慣れるまでは、フィードバックが多くなるのは仕方がないことですが気持ちが折れてしまいますね。

書くのに時間がかかる

僕もライター初心者のころは、1記事4000文字前後の記事を仕上げるのに丸1日かけていた記憶があります。

特に自分の不得意とする分野やあまり興味を持たない分野においては、さらに時間をかけていました。

仮に構成はできている状態でも、知らない分野の記事で専門用語となればその都度1から調べます。

かなりの労力と時間を使ってもいただける報酬が少ないと、ここまでやってもこれだけの報酬かと挫折しかねないですよね。

仕事を受注しすぎてキャパオーバー

文字単価が低いと、収入も自ずと上がりません。

その上、なかなか採用されない中での案件の依頼となると、やらずにはいられず結果的に抱えすぎてキャパオーバーになってしまう恐れがあります。

悪質なクライアントによる給与未払い

初心者のWebライターの方で、クライアントさんと直接契約を結ぶことは稀だと思います。

しかし世の中には悪質なクライアントもおり、記事の納品後に連絡をとれないといったケースもあります。

孤独

フリーのWebライターは、同期とか同僚と呼べる同志はいません。すべて自分でパソコンと向き合い作業します。

作業をしていて疑問を持ったり、迷った時に気軽に聞ける同僚がいないことに孤独に感じてしまうこともあるかもしれません。

初心者Webライターがきつい時期を乗り越えるには?

ここでは僕の実体験をもとに、きつい時期を乗り越えた方法を具体的に紹介します。

きつい時期を乗り越えた方法

  • とにかく作業量を増やして毎日継続する
  • SEOライティングを覚える
  • PREP法で文章を作ることを心がける
  • オンラインサロンに入りWebライター仲間を作る
  • 趣味を作る

とにかく作業量を増やして毎日継続する

精神論になってしまいますが、とにかく作業量を増やして毎日継続することが大切です。

始めたばかりの頃は、1文字1円未満の案件ばかりでなかなか稼げないかもしれません。

初心者Webライターがよくぶち当たる、最初の壁といえます。

文字単価を上げるために僕がやったことは、とにかく量をこなすことです。

裏技的なことを期待した方には申し訳ありませんが、そんなものはないと思います。

毎日1万文字以上を執筆し続けることで、自然とスキルが上がり文字単価も上がります。

何事も同じですが、とにかく量をこなすことが最大の近道と言えます。

きついと感じた時こそ自分を追い込み、とにかく多く執筆をしましょう。

SEOライティングを覚える

WebライターはSEO対策をしたライティングができると、文字単価が上がる傾向にあります。

SEOはコンテンツを検索上位に表示する対策のことであり、費用対効果がよくニーズがあるスキルだからです。

SEO対策ライティングを覚えるのはそれほど難しくはありませんが、ある程度勉強や経験が必要です。

SEO案件に応募するのは難しいという方は、ブログを作り実験をしてみるのも良いでしょう。

SEOライティングについては、以下の記事を参考にして下さい。実際に僕が意識していることが書かれています。

WebライターにSEOが必要な理由!SEO対策ライティングの書き方を解説

PREP法で文章を作ることを心がける

PREP法とは、初めに結論を言うことで文章を分かりやすくまとめる文章作成方法です。

PREP法

  • P(Point):結論や主張など
  • R(Reason):結論や主張の理由
  • E(Example):結論や主張の理由に説得力を持たせるための具体例
  • P(Point):結論や主張など

結論や主張を初めに持ってくることで、相手に言いたいことをすぐに伝えられます・また説得力もあり、ビジネスシーンでもよく使われる方法です。

オンラインサロンに入りWebライター仲間を作る

業務がつらい時は、同業者に悩みを相談するのも一つの手です。例えばオンラインサロンは、同じ悩みを持つWebライターさんがたくさんいます。

その中には稼いでいる人もいるので、アドバイスを貰うことも可能です。

またオンラインサロン内では仕事の募集もあるので、案件獲得の場としても利用できます。

ただしオンラインサロンによって当たりはずれがあるのも事実です。インフルエンサーだからや無料だからといった理由で加入するのはやめましょう。

趣味を作る

Webライター以外の趣味を作ることも大切です。特に初心者Webライターは低単価案件でも消耗や鬼のフィードバックなどで、精神的にきつい時期があります。

上手くストレスを分散させることができなければ、やめてしまう人もいます。

やめてしまっては、Webライターで成功することは出来ません。成功するのであれば、とにかく続けることが大切です。

きつい時期は、自分の好きな趣味を作り心のリフレッシュをしてあげてください。

僕の場合は、筋トレを趣味にしています。きつい時に思いっきり運動することで、心を切り替えながらやっています。

初心者Webライターがきつい時期を乗り越えた先にあるものは?

Webライター以外にも言えますが、きつい時期を乗り越えると収入がアップしたり社会に縛られない生活などが実現できます。

具体的には、以下の通りです。

きつい時期を乗り越えた先にあるもの

  • 社会に縛られない自由な生き方ができる
  • 月7桁以上を稼ぐことも可能
  • Web社会で生き残れる自信がつく
  • ブログを作り副収入を得やすい
  • 体調管理に気をつけるようになる

社会に縛られない自由な生き方ができる

Webライターで稼げるようになると、社会に縛られない自由な生き方ができます。

例えば満員電車に乗らなくて済むことや自然豊かな場所で暮らせるなど、会社員自体には考えられないような体験をすることが可能です。

また海外でも暮らすことができ、人生の豊かさや充実感を更に高めることができます。

初めは辛いかもしれませんが、リターンを考えれば挑戦する価値はあります。

月7桁以上を稼ぐことも可能

Webライターはやり方次第で、月収100万円以上を稼ぐことも不可能ではありません。

一般的に大卒の初任給が月収約20万円なので、5倍は稼げることが分かります。

Webライターとして稼ぐ方法は様々ですが、僕が実践したのは以下の通りです。

僕の経験談

  • STEP1:Webライター
  • STEP2:ディレクター
  • STEP3:SEOコンサルタント

ディレクターを任されるようになれば、固定給となり一気に収入が安定します。

さらに上流工程であるSEOコンサルタントまで行ければ、月収100万円以上はすぐに稼げます。

会社員ならなかなか到達できない収入なので、Webライターは魅力的な仕事です。

Web社会で生き残れる自信がつく

一般的に情報社会と言われる現在では、昔と比べ企業しやすい環境と言えます。

あくまで僕の意見ですが、今後インターネットがなくなることは考えにくく、さらにWeb社会が進んでいくと考えます。

Webライターをやっていれば、起業するにも自信がつき独立しやすいと言えるでしょう。

誰でも始められるため、やらない理由がありません。

ブログを作り副収入を得やすい

WebライターとしてSEOの知識をつけておけば、ブログで副収入を作りやすいといえます。

Webライターは稼げますが、収入が不安定でもあります。ブログを作っておけば、収入の安定にもつながります。

またブログから仕事の案件を受注することもできるため、優秀な営業マンの役割もあります。

Webライターなら複数の収入源を、比較的簡単に作ることが可能です。

体調管理に気をつけるようになる

Webライターで稼げるようになると、体調管理に気をつけるようになります。

なぜならば体調が悪いと思うような執筆ができないからです。

例えば筋トレを始めたり夜の深酒をしなくなったりし、体調管理に努めます。

Webライターを始めることで体調管理に努めるようになり、新しい価値観や人生観を手に入れることも可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiro|ひろ

フリーランスとしてSEOコンサルタントやWebライターの活動を行っているHiroです。Webライターを始めたころは1文字1円未満で消耗していました。その経験を活かし、1人でも多くの初心者Webライターさんの力になれればをモットーに情報発信をしております。お仕事のご依頼は、こちらからお願い致します。⇒https://hiro-blog.biz/inquiry

-Webライター