Webライター

Webライターとは?始め方・稼ぎ方の完全マニュアル【副業・未経験の方向け】

Webライターを未経験から始める方法!仕事内容や必要スキルを解説

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • Webライターってどんな仕事?
  • Webライターを始めるメリット・デメリットは?
  • Webライターの始め方は?

在宅でできる仕事として人気のあるWebライター。副業で初めてみたい方や未経験から初めてみたい方など、Webライターを初めてみようと思っている方はたくさんいると思います。

しかしどうやって始めるのかわからない方やそもそも稼げるのかなどが気になり、なかなか始められない方も多いのが実情です。

そこで本記事では、これから副業として始める方や未経験の方などに向けて、Webライターの始め方や稼ぎ方などについて詳しく解説します。

Hiro
ゴールドコースト在住のHiroです。SEOコンサルやWebライターとして活動している僕が、詳しく解説します。

Webライターとは?

Webライターとは、コーポレートサイトやオウンドメディアなど、Web上の記事を執筆する仕事です。始めるのに特別なスキルや年齢制限などはなく、未経験の方でも始めやすい仕事です。

またインターネットサービスが多く普及している現在では、仕事の求人も多い傾向にあります。一般的にリモートワークや在宅勤務が多いため、「自由な働き方がしたい」「満員電車に乗りたくない」などの悩みを解消しやすい仕事です。

Webライターの仕事内容

Webサイトでは、様々な種類の記事が存在します。例えば集客を目的とした「SEOコンテンツ」、自分の意見や経験を語る「コラム記事」などです。その他にも実際の現場へ取材しに行き、記事を書く仕事もあります。

Webライターの主な仕事内容は、以下の通りです。

Webライターの主な仕事内容

  • 記事の公開作業
  • ディレクターとの打ち合わせ
  • 記事の構成を作成して執筆する
  • 執筆するKWやジャンルなどを選ぶ
  • イラストを選んだり作成したりする
  • アンケートをとったり取材をしたりする

Webライターと言えば1人で黙々と作業をするイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし実際にはディレクターとの打ち合わせも発生するため、コミュニケーション能力や相手の気持ちをくみ取る能力も必要です。

Webライターを始めるメリット

Webライターを始めるメリットは、以下の通りです。

Webライターを始めるメリット

  • 誰でも始められる
  • 自由な働き方ができる
  • 月収7桁も夢ではない
  • 起業するのにリスクが少ない

1番のメリットは、自由に働ける点です。満員電車や都会の喧騒から解放されて、好きな場所で自由に働けます。

Webライターを始めるデメリット

Webライターを始めるデメリットは、以下の通りです。

Webライターを始めるデメリット

  • 競合が多い
  • 初めは文字単価が低いため消耗しやすい

何事も初めからうまくはいきませんが、Webライターも同様です。初めは文字単価が低いため消耗しやすいです。しかし前述したように文字単価が1円以上の案件を受注できるようになれば、自由な働き方もできます。

Webライターがきついと言われる原因は?乗り越える5つの方法も紹介

Webライターで稼げない原因とは?稼ぐためにやるべき5つのことを解説

Webライターの年収(収入)は?

Webライターは、正社員かフリーランスかで収入が変わります。

正社員の場合どこの企業もそれほど変わりませんが、フリーランスの場合は大きな格差があります。

年収 割合
200万未満 32.0%
200~400万未満 21.5%
400~600万未満 32.0%
600~800万未満 8.2%
800~1,000万未満 5.5%
1,000~1,200万未満 2.3%
その他 3.6%

出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書 2019

上記のデータを見ると、3人に1人が年収200万円未満と分かります。ただし時短ワーカー(140時間未満)の方が半数以上のため、そこまで低い数字とは言えません。

ただし稼げている人と稼げていない人の格差は大きいと言えます。

Webライターの年収(収入)は?稼げる人と稼げない人の違いを解説

Webライターの始め方

Webライターを始めようと思っている方の中には、副業で始めたい方や未経験からフリーランスとして働きたい方など様々な方がいると思います。

また大学生がWebライターを始めたいと思うケースもあります。Webライターの始め方は人それぞれです。以下のコンテンツより、自分に合った始め方の参考としてください。

Webライターの始め方は?完全初心者向けに5つのステップで徹底解説

未経験からWebライターを始めるには?具体的な5つの始め方を解説

大学生でもWebライターで稼げるの?具体的な稼ぎ方を5つ解説

副業Webライターで月10万円を稼ぐ方法は?会社にバレない対策も解説

Webライターの勉強方法

WebライターとしてスキルUPをして長期的に稼ぎ続けるには、勉強は必要不可欠です。

WebライターとしてスキルUPをさせる勉強方法ややってはいけない勉強方法などを、以下のコンテンツで詳しく解説します。

Webライターの勉強方法は?スキルUPのためにやるべき4つのこと

本や書籍で勉強する

Webライターのライティング力を向上させるには、本や書籍を読む方法もあります。

初心者の方におすすめの本については、以下の記事をご参考ください。

Webライターを始めるなら必ず読みたいライティング本15選【初心者必見】

Webライターで稼げるようになる必要スキル

Webライターとして将来的に稼いで行くのであれば、スキルの向上に努めましょう。Webライターで稼げるようになる必要スキルを、以下4つ紹介します。

Webライターで稼げるようになる必要スキル

  • SEOを覚える
  • PREP法を覚える
  • 専門ジャンルを身に付ける
  • ブログを書く

SEOを覚える

Webライターで長期的に稼ぐには、SEOのスキルを身につけましょう。SEOとは「Search Engine Optimization」の略であり、日本語で「検索エンジン最適化」と呼びます。

Web上で文章を読まれやすくするには、GoogleやYahoo!など検索エンジンで上位表示される必要があります。2ページ目3ページ目以降は、一気にアクセス数が減少します。

つまりSEOとは、検索エンジンに上位表示させる対策です。SEOは費用対効果が良く、多くの企業で導入されています。

Webライターで長期的に稼ぎ続けるには、SEOのスキルは必須です。

WebライターがSEOを覚える理由とは?SEO対策ライティングの書き方を解説

PREP法を覚える

Webライターは文章を書く仕事のため、最低限の文章力は必要です。だからと言ってそこまで不安になることはありません。

文章には読まれやすい「型」があるため、その型を意識するだけで大幅に文章力がアップします。読まれやすい文章の型とは、PREP法です。PREP法は、結論→理由→例→結論といった流れで作成します。

PREP法を抑えるだけでも文章力は上がるので、ぜひ覚えておください。また執筆するWebサイトによって変わりますが、「ですます調」や「である調」などもあります。

どの語尾で書くかは、クライアント側と相談する必要があります。しかしPREP法は自分で勉強することができるので、最低でも覚えておきましょう。

ブログを書く

Webライターならポートフォリオの一つとして、ブログを作成しましょう。ブログを作成することで、Webライター以外の収益やブログ経由で新たなお仕事を受注する窓口を作成できます。

また自由度の高いブログでは、自分が思いついたSEO施策なども自由に行えます。Webライターとしてある程度稼げるようになれば、ブログの作成も進めていきましょう。

Webライターはブログを始めるべき?始め方や具体的な作り方を解説

まとめ:Webライターは相手の立場に立った行動を心がけよう

Webライターで最も大切なスキルは、相手の立場に立った行動です。クライアントの意図をくみ取り、素早く行動できるスキルが求められます。

例えWebライターとしてのスキルが高くても、相手の立場に立てないWebライターは、クライアントとの信頼を築けません。長期的なお付き合いができず、仕事を探す日々に追われるでしょう。

Webライターで安定的に稼ぐには、1つのクライアントと長期的なお付き合いが大切です。信頼と実績を積み重ね、長期的に稼げるWebライターを目指しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiro|ひろ

フリーランスとしてSEOコンサルタントやWebライターの活動を行っているHiroです。Webライターを始めたころは1文字1円未満で消耗していました。その経験を活かし、1人でも多くの初心者Webライターさんの力になれればをモットーに情報発信をしております。お仕事のご依頼は、こちらからお願い致します。⇒https://hiro-blog.biz/inquiry

-Webライター